GARA Series


「GARA」は、様々な支持体にパターンをペイントしたシリーズである。

主にセルフポートレートをモチーフとしたパターンを描き込む。なぜ自分の顔を描くのかは今のところ分からない。

「人間の顔への興味」「自分と他者の比較と認識」「個人的で利己的な作品制作に関する思考」などのキーワードが浮かぶ。

パターン模様は、装飾デザインとしての側面、幾何学的で数学的な側面、自然界にループする生物学的側面を彷彿とさせる。

それらは私を強く惹きつけ、人類の根源的な思考、興味、行動が関係していると考える。

 

”GARA“ is a series of work where various supports are pattern-painted.

I paint patterns using my self portrait as motif. I do not know at this point why I paint my face.

What comes to my mind includes keywords like ”an interest in human faces,“ ”comparison and recognition of myself and others,“ ”a reflection on personal and egoistic production of art,“ etc.

Repeating patterns remind us of their aspect as decorative design, their geometrical and mathematical aspect, and their biological aspect resembling many cycles in nature.

These all intrigue me greatly. I believe they are deeply connected to our primordial thought, interest, and behavior.


 

2018

 

GARA #01
GARA #01
GARA #02
GARA #02
GARA #03
GARA #03
GARA #04
GARA #04

GARA#05
GARA #05